LOCAL × BIO × マルシェ
    
        土 カラ 生マレル 事ノ 繋ガリ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
旅とマルシェ
那須高原は、巷では、つまり旅に来るところ、なのだけど、
暮らしている人たちは、どんな旅が好きなのかしらと。。。
どんなところに行ってみたいかな?とか。。。
「旅とマルシェ」をDoorzのふたりを呼び出して座談会を決行しました。
タウンミーティングは、「雑談」と名前を変え、小さなお客さんも仲間に入って旅のおしゃべり。



芦野のR294沿いに見えるゲストハウスDoorzには、国籍性別問わず、毎回面白い旅人が泊まりにくるみたいです。
多くの場合、那須は目的地ではなくて、旅の途中。。。
思い出に残るのは、場所ではなくて時間なのかもしれない。。。と、二人の話を聞きながら、かつての自分の旅を振り返ってみたりして、ニマっ、ニマっ、とする。

20代のときの旅は、犬がピッピとして黒ずんだ石畳すら美しく見えたし、
少し埃っぽい安宿でも明日に不安がなければ快眠出来た。
川の水際で体育座りでワインを飲んでパンをかじった最高のディナーも思い出す。
あちら側にはリバーサイドのキラキラしたレストランが並んできれいでしたー。

30代、宿ぐらいは事前に予約するようになるけれど、旅レベルはそんなに変わらなかったかもしれない。
結婚して荷物を持ってくれる人が出来たせいか、地方のマルシェやファーマーズマーケットに行くのが楽しみになってた。
旅先で地元の人とコミュニケーションがとれるのは旅の醍醐味だと思って。。。
売っているものだって温かみがある。
そこでまた、一期一会。
瓶やパッケージだって思い出になる。

Doorzタツヲ君の行きたいマーケット、オーストラリアの、、、ううう、名前忘れちゃった。
海の近くにあるオーガニックマーケットだそうです。他に名所らしきものはないそうで、そのためだけに人がやって来るんだとか。。。
たのしそーです。名前もう一度教えてください!
『バイロンベイ』のマーケットですって。サイトはこちらかな?http://www.byronfarmersmarket.com.au/

以前RAKUDAさんがSHOZO芳枝さんからお借りしたというGO! GO! Farmers' Market in Hawaii』を見せてもらったことがあります。そのたのしい雰囲気、おされな感じは、暮らすように旅したい人にお勧めなマーケットの写真や情報あり。
うっとり眺めた一冊でした。

日本のいろんなところで起こっているオーガニックマルシェを眺めながらの旅行っていうのもたのしそうですよね。
あらら、しばらく旅行に行けてないせいか、『旅とマルシェ』は、私の願望だったと気づきました。


いっしょにお話してくれていたKさん、最近、離島にいってらっしゃった。
一泊2食付き5000円(台風割引きで4000円となる)その宿では、シュノーケルも借りられるし、
船にだって乗せてくれるって。。。宿のすぐ前には、何でも揃うお店があって、お刺身だってあるんですって。
地元直売所では、毎日パイナップルバーを買って食べたとか。。。
お宿、網戸はないので、虫が苦手でなければ○です。生きもの好き好きの虫に耐性のあるTファミリーは大丈夫でした。
離島.com。参考にしたいと思います。

島の話で、また私の現実逃避に拍車がかかってきた。。。

ちょうどその頃、子どもたちが参戦。
Doorzアサミ「どこか旅行にいったことある?」
小さい姉弟(9歳と5歳)「台湾!」

・・・。

そこからは「子どもとマルシェ」にテーマ変更! 
お誕生日は2回来る!それってクリスマスでしょ!がははー!って、子ども目線の話題で大爆笑が連発する始末。

超・超・超・雑談です。

那須高原、長期滞在、旅の途中の方々に、何だったんだ?あの場所は?となるような大日向マルシェも悪くない。。。です。

Doorzのおふたり、ありがとーございました。また遊びに来てください。

※ 旅のお話いろいろは、8月31日(日)にDoorz主催の『旅二マツワル、エトセトラ』あります!